HOME > 医師会について:医師会の概要

医師会の概要

屋号 一般社団法人高砂市医師会
創立年月日 1955年4月
所在地 〒676-0021 高砂市高砂町朝日町2丁目1-5
連絡先 TEL:079-442-0794

医師会の沿革

昭和30年4月 「高砂市医師会」発足
昭和29年7月に高砂市が市制を施行したので、医師会も加古郡医師会及び印南郡医師会よりそれぞれ分離独立し、昭和30年4月17日に「高砂市医師会」が発足した。
昭和41年7月 休日救急当直診療業務開始
(輪番制により、内科及び外科各1)
昭和45年9月 「高砂准看護婦学校」を設立
昭和53年4月 法人格を取得「社団法人高砂市医師会」発足
昭和54年4月 「高砂准看護高等専修学校」となる。
昭和55年4月 夜間の急患救急診療業務を行うため、2市2町によって「加古川夜間急病センター」が設立され、これに参加。
平成17年11月 創立50周年記念式典
平成19年2月 「高砂市医師会館」完成
平成25年4月 「一般社団法人高砂市医師会」へ移行
平成27年3月 「高砂准看護高等専修学校」を閉校
平成28年5月 「高砂市在宅医療・介護連携支援センター」を開設

歴代会長

昭和30~36年度 片岡 英生
昭和37.4~37.9年度 片岡 英生
昭和37.10~39.3年度 神吉 米次郎
昭和39~44年度 片岡 英生
昭和45~48年度 中谷 正三
昭和49~60年度 松本 胖
昭和61~平成5年度 守田 晃
平成6~11年度 泉 洋
平成12~27年度 山名 克典
平成28年度~ 増田 章吾

高砂市医師会章の由来について

高砂市医師会章

医を高砂の松で茂らせ、瀬戸内の波と涛で抱え、その下に Takasago Medical Association の記号を記したものです。